モール型ECサイトと自社ECサイトの違いについてメリット・デメリットを確認

こんにちは、ボトルシップコンサルティングの神林です。

今回は表題にある通り自社ECとモール型ECの違いについて確認していきたいと思います。
それぞれの長所や短所など押さえることで、自社の戦略に合わせた選択をして頂ければと思います。

モール型ECサイト

まずは「モール型ECサイト」についてです。
誰しも耳にされたことはあると思いますが、楽天市場やYahoo!ショッピングなどは
こちらの業態に当てはまります。
これはECモールの中にECサイトを作る方法です


 メリット:ECモールのブランド力を利用し自社のブランド力に関わらず集客が見込める
デメリット:ECモールのブランド力に集客を依存してしまう
      ECモールの運営ルールに振り回される
      売上件数によってロイヤリティが発生する※ECモールによってルールは異なります


ブランド力のない店舗にとっては集客が大きな課題になるため
この場合メリットはとても大きいです。
しかし、モールごとにルールが定められていて対応を余儀なくされるシーンも少なくありません。

図にしてみるとこうなりました

自社ECサイト

続きまして「自社ECサイト」についてです。
こちらは名前の通り自社のECサイトを立ち上げる方法になります。


 メリット:ブランディングを0から自由に行える
デメリット:ブランド力が低く集客対策が必須になる


サイト運営に関して制限がないため販売ルール等を自由に決められる点や
デザインや機能面でも自由度が高いこともポイントです。

ECモール出店に向いている企業、向いていない企業

先ほどご紹介しました「モール型ECサイト」には
もう1点確認しておかなければならないことがあります。

それは「手数料がかかる」ことです。

頻繁に起きることはありませんが一方的な手数料改定(値上げ)もあります。
「自社ECサイト」と比較すると利益は出しにくい為
売上を伸ばすために販売数を伸ばしていく必要があります。

ズバリ

利益率の高い商品、オリジナル商品がない企業は
あまり「モール型ECサイト」に向いていない と言えます。

一方で、価格競争に勝てる商材を持つ企業は「モール型ECサイト」と非常に相性が良いと言えます。

ECモールであればリアルのお買い物や自社ECサイトをあれこれ見比べるよりも
ずっと簡単に価格の比較ができるようになるため
他社と比較された際に負けない商品が作れるかどうかが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です